英語ホームページ制作 English Website Development

良い英語サイトとは

英語ホームページは海外向けの「企業の顔」です

英語ホームページを見るのは英語圏のユーザーですから、英語人にとって使いやすいか、分かりやすいか、魅力があるかに重点を置いて構築されなければ意味がありません。海外向けの「企業の顔」になる英語ホームページの「質」はそのまま「企業の質」と捉えられる可能性がありますので、正しい英語で的確に書かれていることは基本的な条件です。

英語圏の潜在顧客を動かすのは訴求力のあるテキストです

ウェブサイトは「見られる」ものだと考えがちですが、たいていのビジネスサイトは「読まれる」ものです。デザインが良いことも大切ですが、勝負はテキストで決まる!と言っても過言ではありません。英語圏の潜在顧客を動かすのは、訴求力があり、論理的で自然な流れのある英語テキストです。日本語の原文を忠実に英語に翻訳しても、多くの場合英語人にアピールする英語テキストになりません。適切で魅力のある英語コピーを含む英語コンテンツは「良い英語サイト」の必要条件です。

見付けられない英語ホームページは存在しないと同じです

検索エンジンはきれいなデザインなどビジュアル的なものを評価して表示順位を決めるのではありません。テキスト中のキーワードとその含有度や位置、さらに外部からの優良なリンク数など複数の要素の総合点でランキングが決まります。
日本語ページと比較して一桁違う数の英語ページ検索の世界で自社サイトの存在感を高めるためには英語検索エンジンに評価されるウェブページを持つことが大変に重要です。

効果的な英語コンテンツ作成にはWebライティングの専門家が必要です

検索結果ランキングの競争が激しく、またオンラインビジネスが氾濫している欧米ではサイトそのもののユーザーへのアピール度はもちろん、検索エンジン対策がビジネスの成功を左右します。そのような背景からオンラインコピーライター、Webライターと呼ばれる専門職が生まれ、サイト制作のプランニングの段階から参加することが常識になっています。日本企業の英語ホームページも欧米の数多い競合サイトと肩と並べるには、単なる翻訳者ではなく、Webライティングの専門知識を持つライターが制作に参加することが求められます。

成果に違いの出る英語ホームページ制作・リニューアルをお望みなら
WEBFORCEにご相談ください

効果的な英語サイト制作に必要とされる言語能力、最新のWebマーケティング知識、ウェブ構築ノウハウを兼ね備えるWEBFORCEのスタッフが貴社のグローバル市場における成功をトータルにサポートします。

WEBFORCEのサービス

事前の調査からプランニング、英語コピーライティング、ウェブ制作、運用開始後の検索エンジンマーケティングさらにアクセス分析まで、貴社の目的や態勢に応じて必要な組み合わせを選択していただけるテーラーメイドサービスを提供します。

新規英語ウェブサイト構築、既存サイトのリニューアルその他英語ホームページに関することでしたら何でもWEBFORCEにご相談ください。