英語ホームページ制作 English Website Development

英語コンテンツ選びの大切さ

ターゲットは日本人ではない人たちです
「英語発想」で選ぶ英語コンテンツ

日本企業の英語サイトには自社の日本語サイトを翻訳しただけのものがまだまだ多く見受けられます。日本語サイトの場合にはきちんとターゲットを考えたコンテンツを掲載している企業でも英語となるとその原則が忘れられてしまうのは残念なことです。日本語サイトのコンテンツは当然日本人をターゲットとして作成されていますので、そのまま翻訳して英語にしても英語圏ユーザーにアピールするものにならないケースが多いのです。

英語ホームページを作る場合には、まずその目的とターゲット市場、ターゲットユーザーを念頭に置きながら、コンテンツを選び、日本語サイトとは別に「英語発想」でサイトプランを作ることが重要です。

「英語感覚」で作る英語ホームページ
英語圏の企業サイトを参考にする

例えば、日本企業の「会社概要」ページは、紙媒体時代の様式を引き継いだ無味乾燥なものが多いようです。参考として次の2つの会社概要ページを見比べてみてください。英語ホームページのあるべき形が見えてくるはずです。

(日本企業)
http://www.toshiba.co.jp/about/profi_j.htm
(米国企業)
http://www.ge.com/company/

あまり重要視されない「会社概要」のページも、コンテンツの選び方や書き方により、読み手を引きつけるページになります。

また、英語ウェブサイトでは、「控えめ」や「謙虚さ」など日本人の美学的な表現は不要です。積極的に自然な英語で自社をアピールすることが効果的です。

成果に違いの出る英語ホームページ制作・リニューアルをお望みなら
WEBFORCEにご相談ください

効果的な英語サイト制作に必要とされる言語能力、最新のWebマーケティング知識、ウェブ構築ノウハウを兼ね備えるWEBFORCEのスタッフが貴社のグローバル市場における成功をトータルにサポートします。

WEBFORCEのサービス

事前の調査からプランニング、英語コピーライティング、ウェブ制作、運用開始後の検索エンジンマーケティングさらにアクセス分析まで、貴社の目的や態勢に応じて必要な組み合わせを選択していただけるテーラーメイドサービスを提供します。

新規英語ウェブサイト構築、既存サイトのリニューアルその他英語ホームページに関することでしたら何でもWEBFORCEにご相談ください。