翻訳・英文作成 Translation & Writing

自然な訳文を生み出すのが良い翻訳者です

翻訳という仕事の原点は「原文を忠実に置き換える」ことですから、多くの場合翻訳者はターゲット言語での読みやすさまで配慮しません。その結果、英語(または日本語)にはなっているが、何となく不自然な文章が出来上がることになります。
真に「良い翻訳者」の条件とは、訳文が自然な英語となるように書けることなのですが、これは広く認識されているとは言えません。翻訳を翻訳会社に任せきりにしてしまい、訳文をきちんと評価せずにそのままウェブサイトや印刷物に掲載した後で誤訳や意味不明な文章などを外部から指摘されたという話も珍しくありません。

マニュアルなどの翻訳には一貫性・整合性が不可欠です

ソフトウェアやハードウェアのマニュアル、技術文書などには同じ言葉が繰り返し出て来る場合が多いのですが、これらをバラバラに訳したのではマニュアルとして完全なものになりません。日本語翻訳、英語翻訳にかかわらず「用語の統一」は不可欠です。
何百ページもあるような大きなプロジェクトでは、先ず「グロッサリー」と呼ばれる用語集を作成します。TRADOS などの翻訳支援ツールを使用すると用語や文体を統一し、一貫性のある訳文を生み出すことが可能です。翻訳メモリを作成しておけば、マニュアルの更新時の翻訳が効率的に進められ、翻訳者が変更しても整合性がとれます。

訳文の校正者やチェッカーは慎重に選ぶことが大切です

できあがった翻訳文を誰に評価させるか、校正させるかは大切な問題です。多くの日本人は英語のネイティブなら誰でも英語チェッカーになれると考えがちですが、これは大きな間違いです。日本人なら誰でも日本語チェッカーになれるわけではないのと同じことです。校正者はただミススペルや文法の間違いを直すのではなく、全体の文章の流れよくするための書き直しや文章の入れ替え、付け加えなど編集者としての能力も必要です。
日本語原文や書き手の意図も理解する能力があることは大前提です。

現在の翻訳クオリティにご不満なら
ぜひ一度WEBFORCEにご相談ください

WEBFORCE は (1) 翻訳 (2) 英語化 (3) 英語コピーライティング の3つの異なるサービスを提供しています。

技術文書やマニュアルなど原文を忠実に正確にターゲット言語に訳すことを求められるものには翻訳サービス、またパンフレット、ウェブテキストなど読み手にアピールする必要のある文章が求められるものには英語化サービスを適用、さらに英語発想のテキスト作成英語コピーライティングを提供しています。

マニュアル翻訳などにはTRADOS翻訳支援ツールで翻訳メモリを作成しますので、用語の統一が可能になり、また翻訳後の用語管理が簡単になります。

英語コピーライティングでは、著名なオンラインコピーライターであり Net Words の著者 Nick Usborne 他米国のプロのオンラインコピーライターとの提携により、グレードの高い英語コピーライティングを提供しています。

翻訳のクオリティや校正などについてのお悩みはぜひ WEBFORCEにご相談ください。