英語コピーライティング English Copywriting

ウェブマーケティング成功のカギはコピー

オンラインコピーとカタログ用コピーは違います

カタログ等の印刷物用のコピーと違い、ウェブページはユーザーに探して見てもらうことが前提ですから、見付けてもらうためのキーワードの使い方を考えた文章でなければなりません。また、インタラクティブというネットの特質を活かすためにもユーザーのアクションを促すコピーが必要になります。既にある印刷物用英文を英語サイトのコンテンツにそのまま使ったり、日本語ホームページを単に翻訳したりする場合が多いようですが、それでは適切な英語ウェブ用テキストになりません。

日本語発想のコピーを英訳しても英語人には伝わらない

日本語で書かれたコピーをそのまま英語に翻訳しているケースをよく見ますが、英語人にはピンと来ないコピーになってしまう場合が少なくありません。インターネットユーザーはテキストを「斜め読み」とすると言います。
ヘッドラインで興味をそそられないと直ぐにページから出て行ってしまいます。ユーザーの心を素早くキャッチして離さないようなコピーがウェブマーケティングでは特に重要です。

英語ウェブコピーライティング TIPS

  • ヘッドコピーは最も重要、短く8ワード以内で納める
  • ユーザー本位で書く(自己主張的な文章は避ける)
  • ユーザーのアクションを促すような文体で書く
  • 検索キーワードを適切に含める
  • シンプルな言葉で要点を明確に
  • 過剰な修飾語、誇張した表現(Best、No.1 など)を避ける
  • リンクを上手く使う

英語コピーライティングのことは何でも
WEBFORCEにご相談ください

WEBFORCE は、英語Webサイトにおけるテキストとコピーライティングの重要性、そして翻訳の限界を早くから認識し、成果の出る英語ウェブマーケティングに欠かせない英語発想のテキスト作成と英語コピーライティングを提供してきました。

充分に吟味した日本語原稿を元に英語を書き起こし、翻訳英語では不可能な自然な英文とインパクトの強いコピーで貴社の製品やサービスを強力にアピールするお手伝いをします。

著名なオンラインコピーライターでありNet Words の著者 Nick Usborne 他米国のプロのオンラインコピーライターとの提携により、グレードの高い英語コピーライティングを提供しています。

ウェブサイトの他、カタログ、会社案内などの英語コピー作成も承ります。
お気軽にお問い合わせください。