英語コピーライティング English Copywriting

英語Webライティングは専門家の仕事

英語パンフレットのテキストをそのまま英語ウェブサイトに使っていませんか?

パンフレット用の英語テキストをそのまま英語ホームページに載せている企業サイトをよく見かけます。読み手にとって静的で一方向のパンフレットなどと違い、ウェブサイトはその場で読み手の問い合わせ行動を促したり、他のページに誘導したりする動的で双方向のメディアです。この本質的な違いを認識しないで英語コンテンツを作成しても思うような効果を出すことはできません。

Web用の英語テキストを翻訳者に任せていませんか?

英語というと単純に翻訳会社の仕事と思われがちですが、翻訳だけでは良い英語ウェブサイトのテキストとしての条件を満たすことは困難です。そのサイトの目的やターゲットを理解し、効果的なコピー考え、重要なキーワードを適切に使って端的で且つ正確な英語テキストを作成することは翻訳の仕事の範囲を大きく超えるものです。

正しい英語キーワードを選択してテキストを書いていますか?

検索結果で上位表示されないウェブサイトはユーザーに見てもらう可能性が低い -日本語に比べてページ数が一桁違う英語検索の世界ではこの現実はさらに厳しいものになります。SEO(検索エンジン最適化)の手法のひとつはユーザーが検索に使う確率の高いキーワードを効果的な位置と頻度で使うテキストを作成することです。すなわち、良いウェブテキストを書くには検索エンジン対策の知識が必要になるということです。

ネイティブなら誰でも英語テキストのチェックができると考えていませんか?

日本人のすべてが日本語の上手な書き手ではないように、英語ネイティブなら誰でも正しい英語が書けるわけではありません。ネイティブなら大丈夫と考える日本人は多いのですが、ここに大きな間違いがあります。英訳文の校正は、日本語の原文と書き手の意図を理解することなしには不可能ですが、そのような能力を持つネイティブは簡単には見つかりません。
特にWebテキストの場合にはWebライティングの知識を持つチェッカーが必要になり、さらに人選が難しくなります。

英語Webライティングのことなら
WEBFORCEにご相談ください

日本ではWebのデザインにはコストを割くが、テキストは誰でも書けるから・・・と考えるお客様がまだまだ多いのが現実です。しかし、ビジネスユーザーが求めるコンテンツとは必然性の薄いグラフィックなどではなく、貴社の独自性を端的に伝える貴社サイトにしかないテキスト情報です。Webの特性を熟知したプロが書く英語テキストこそが、貴社の海外ウェブマーケティングを成功に導くカギです。

WEBFORCEでは、早くから英語Webライティングをひとつの専門サービスと捉え、英語コピーライティングを加えたハイレベルな英語テキスト・ライティング・サービスを提供しています。
さらに欧米で生まれたSEO(検索エンジン最適化)をいち早く日本に紹介した実績を活かし、検索エンジン対策にも有効なライティング手法を駆使したウェブ用英語テキストを作成します。

英語Webライティング、英語コピーライティングのことなら何でもお気軽にご相談ください。